CASE

お取り組み事例

ランドセル商戦へ向けてストーリーとイラストのタッチで極力広告色を薄めたコンテンツを制作

クライアント名
黒川鞄工房
実施期間
2020年3月 公開

課題

2021年4月入学のラン活開始、受注開始のタイミングで需要喚起を図る。


施策

漫画記事タイアップを実施。

実施にあたって、“ラン活”開始が年々早まっていることや数多くあるランドセルメーカーの中でも工房系に区分けされ
る商品の品質の高さ、中でも黒川鞄様の特徴(創業125年の伝統、軽さ、象徴的な肩ベルトなど)を、先輩ママとのかけあいストーリーと優しい風合いのイラストを用いて、仰々しくない、広告色を極力薄めたエモーショナルなコンテンツを制作。

読み手に対してごく自然に、早めのラン活を実施したほうがいい理由や黒川鞄様の魅力が伝わるよう、工夫した。

新年長ママ注目!昨年6月に完売した「工房系ランドセル」が今年も予約開始 | Conobie[コノビー]

ラン活って何から始めたらいいの!?

conobie.jp

 

成果

媒体平均を大きく超える遷移率を計測(詳細な数値はお問い合わせください)。
中でも、記事最下部のリンクボタンが圧倒的に押されており、最後まで記事を読んで十分に訴求できた上で、公式サイトへ遷移している。